すぐ風邪薬を飲んでいませんか?:野口晴哉の「風邪の効用」を読んで

風邪の効用: 野口晴哉

Unknown_01

著者は社団法人整体協会の創始者の野口晴哉です。鍼灸師の友人から勧められました。
風邪をひくと、ひどくならないうちにと思って風邪薬を飲んでしまいます。それはあまり良くないようです。風邪は上手に通過させた方が良いと言っています。
著者によると、働かせ過ぎの臓器だったり体の偏って疲れているところ、つま整体的に弾力性を失ったところから風邪を引くそうです。
昔はただ治すつもり治療していたそうです。でも、風邪が経過した後は弾力性を回復し、ピシッとした体になっていることに気がつき、風邪は治療する のではなくて、上手く経過させた方が良いと気づいたそうです。

風邪はバランスが崩れいた自律神経をリセット?

風邪を引くと血圧が下がるそうです。風邪を引いて血管が弾力、柔軟性を持ったからではないかと言ってます。事実、風邪をひいていて脳溢血で亡くなった例は少ないそうです。
風邪を上手に通過させることは体をリセットする効用があると言うことでしょうか。そう言えば、汗がどっと出て風邪の熱が引いた後の爽快感を経験したことはありませんか。
バランスが崩れていた免疫系が風邪と対抗することでリセットできたのでしょう。まさに「風邪の効用」ですよね。

安保徹の本を読んでさらに納得

この本を読んでから、安保徹著の『「薬をやめる」と病気が治る』を読んで、納得しました。一部引用です。

病気の多くは、「ストレスー交感神経の緊張ー血流傷害・顆粒球増加ー組織破壊・免疫力の低下」のパターンで発病します。したがって、病気を治すには、「ストレスから逃れるー副交感神経を優位にするー血流回復・リンパ球の増加ー免疫力の強化」という逆のプロセスをたどればいいことになります。

風邪の熱は、白血球(副交感神経)のうちのリンパ球が風邪のウィルスと闘っている状態です。ウィルスは熱は弱いので、熱が出てしまったのではなく、わざわざ熱を出しているのです。—-熱がある時は、水分を十分にとって、体を休めるでけでいいのです。解熱剤のを使うと、体が必要としている”熱と闘う力”を無理矢理奪うことになります。

つまり、風邪を引くと体は風邪を治そうとして副交感神経を優位にします。つまり、血管は開き、血流の流れを良くしようとします。(つまり血圧が下がりますよね)
「風邪の効用」の意味は、風邪が通過した後は、「副交感神経が優位」になって、体がリセットされると言うことなんですね。

あくまでも、安静にして上手に通過させることができる風邪のことでしょう。

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA