田中愛子の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

田中愛子著の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

今までは食べ物の本などには関心もなく、読んでみたいとも思いませんでした。最近、「活性酸素」「ケトン体」「東洋医学関連」など、数冊の本を読んだら、身体のしくみが分かって来て、いまはこの種の本にすっかりはまっています。
このまま脳が望むままに食べていたらアンチエージングどころか、目の前に病気が待ち構えているでしょう。

Unknown-16

田中愛子著の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読みました。

薬で病気は根本的には治らない、食生活の間違いを正せば、「免疫力」「自然治癒力」を高め、美しく健康に生きられることを述べています。玄米を主とした食事法で、肉は10%以内、砂糖はとらない、60%穀物(白米ではありません)の食事法です。

「玄米リセット食」:10日間の体を浄化食事

一汁一菜

「玄米リセット食」は、玄米ごはん、みそ汁、たくあん、ごま塩です。穀物と言っても白米ではありません。玄米の栄養価と「奇跡的な効用」について述べてます。

著者が薦める「玄米リセット食」を作ってもらいました。

妻のすすめで、まずは白米と玄米が半々の焼きおにぎり、私はたくあんが食べれないので、キュウリの漬け物、そしてワカメのみそ汁です。まさに一汁一菜です。貧しさの象徴なような食事も昔の話で、正座して食べたくなる食事です。

00300722_001

本について

玄米の効用、断食の効用について、食材の陰陽について、病症別の食事、そして本の約半分は「玄米食レシピ」と「食養おかずレシピ」が詳しく説明されていますよ。

玄米だからこそ無農薬で、そして100%発芽出来るエネルギーを持った「生きてる玄米」でなければなりません。
生きている玄米

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA