元彼



元彼

元彼

「新しい彼氏と付き合ってからもう一年、いまは幸せです。元彼には未練などありませんでした。それが元彼が結婚すると知って、”どうして? 誰と?”と急に心が不安定になってしまいました…..」、そんな元彼についてのブログを読みました。私には若い女性の心理、元彼の定義がよくわかっていないようです。

元彼について、私が頭に浮かんだのは、中国のサイトで見たパロディー、Adeleの歌の歌詞、そして中島たい子の小説『漢方小説』でした。

前任结婚了(元彼が結婚した):中国のサイト

前任结婚了,给我发了张请柬,我犹豫再三还是去了,在婚礼现场邂逅了一位帅哥,从始至终都陪在我身边,结束时我羞涩地问他:“你是不是喜欢我啊?”他腼腆一笑:“我是婚礼的保安,新郎让我全场盯着你,怕你闹事!”

元彼が結婚する。招待状が送られてきた。私は迷ったあげく参加した。
結婚式場で偶然ハンサムな人と会った。彼は結婚式の間ずっと私のそばにいた。
結婚式が終わる頃恥ずかしかったけど彼に訊ねた、”あなたは私のことが好きなの?”。彼は、はにかむように笑って、”私はこの結婚式の保安係です。新郎から会場であなたから目を離さないよう言われています。新郎はあなたが騒ぎを起こすことを恐れてます。(私の翻訳です。)

Adele – 『Someone like you 』(あなたのような人)

世界的にヒットしたAdeleの『Someone like you』の歌詞の一部です。Someone Like You – Single – ADELE

I heard that you’re settled down.
That you found a girl. And you’re married now
I heard that your dreams came true. Guess she gave you things I didn’t give to you

Old friend, why are you so shy?
Ain’t like you to hold back or hide from the light

I hate to turn up out of the blue uninvited.
But I couldn’t stay away I couldn’t fight it
I hoped you’d see my face and that you’d be reminded that for me it isn’t over

Never mind, I’ll find someone like you
I wish nothing but the best for you too
Don’t forget me I beg
I’ll remember you said sometimes it lasts in love
But sometimes it hurts instead

聞いたは、あなた落ち着いたんだってね
良い娘見つけて、結婚したんだってね
きっと彼女は、私が与えられなかったもの与えたのね。

私たち友達でしょ、どうしてそんなにシャイなの?
あなたらしくないわよ、躊躇したり、光から逃れようとするなんて

私は歓迎もされてないのに突然現れるなんてことは大嫌いよ
でも、じっとしていられなかったの、耐えられなかったの
あなたが私の顔を見て、私はまだ終わってないことに気づいて欲しかったの

気にしないで、あなたのような人見つけるから
何よりもあなたの幸せを祈っている
だからお願いだから、私のこも忘れないでね
あなたが時々言った言葉を思い出すから、”愛は、時に永遠だけど、時には傷つけるもの”
(私の翻訳です)

中島たい子の『漢方小説』

主人公、川波みのりは31歳は、ある日、20代の頃「結婚してください」と言われたことがある元彼から呼び出され「地元の女性と結婚する」と打ち明けられ、おもわず、その時食べていたオリジナルうどんの具の牡蠣を飲み込んでしまう。それに取り残されたような恐怖感が重なり、体があばれだすような胃痛で、救急車に運ばれることになる。
この小説は、光を浴びていたはずの20代から、30代前半になって、ふと気づいたら、陽が落ちた公園に取り残されたような独身女性の心理状態、そして体調の不良を「漢方医」の治療を通して描写した、面白い視点の小説です。

ibooksで読めます。
漢方小説 – 中島たい子

私には元彼という言葉は無縁です。もし言われるとすると”大昔のあの彼”とかでしょうか。そんなに悪い彼でなかったら大事にしましょう。

今年の目標のひとつ

速読のレベルをあげて、読書のジャンルを広げる
現在の平均5000字/分を7000字/分にする。

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA