集中術

『東大ドクターが教える集中術』:森田敏宏

絶対時間は誰にでも公平です。しかし同じ時間内で処理できる能力に差があります。それが勉強が、仕事がができるできないの差になってしまいます。脳力の差なんでしょうか。私は老いても「人間の脳は30%しか使われていない。まだまだ頭は良くなれる」と諦めが悪いようです。でも、できる人の極意はテクニックにあるようです。反復のテクニック、短時間集中力、そして長時間集中できるテクニックです。

著者の森田敏宏は、地方の無名高校から「東大理Ⅲ」に合格、卒業した「心臓カテーテル手術」のトップドクターです。実践で創りあげた「集中術」です。具体的で、医科学的な裏付け説明には説得力があります。誰にでも即実践できる説明になっています。受験生、年齢を問わずお奨めです。

目次を紹介します。

集中の定義

集中の定義を4つにわけています。
1. スピード集中:同じ作業をより短時間で仕上げる技術
2. スタミナ集中:長時間一つの作業に集中し続ける技術
3. セレクト集中:たくさんある仕事の中から一つだけに集中する技術
4. ステップ集中:目の前の一歩に集中する技術

1. スピード集中

  • 小学生からの時間制限した反復勉強法
  • 反復勉強と脳内電気回路(神経細胞とシナプス)
  • パーキンソンの法則(時間制限を意識せよ、反復できるものは改善できる)
  • エビンハウスの忘却曲線
  • 脳内電気回路を強化するための工夫

    2. スタミナ集中

  • プロの将棋士、医者の手術、テニスプレーヤーなどの長時間集中力
  • 脳のエネルギー源はブドウ糖
  • 甘いものは血糖値を乱高下
  • 血糖値を安定させる
  • GI食品について
  • 一日二食の効用
  • 疲れを取る技術
  • 熟睡の技術」
  • 体力とは何かー活性酸素とミトコンドリアの関係

    3. セレクト集中

  • やるべきことと、やらなくて良いこと
  • プロジェクトは分割せよ
  • 目標意識を明確に
  • マインドマップ
  • 一人戦略会議」
  • サンク・コスト効果ー過去の経験から目標を切り捨てるか、活かしたほうが良いか分ける
  • Sカーブの法則
  • 「人の裏に道あり」など。

    4. ステップ集中

  • 困難な目標も細かいステップに分割
  • 目の前の一歩からーイチローの例
  • 行動をさらに細かく分割してみる
  • 「報酬効果」、「作業時間を計測するメリット」
  • 「嫌な作業こそ早くすませる」など。

さらに、「集中する技術ー実践編」では英語の勉強法、マインドマップの活用法について具体的に述べられています。

ブログ村
ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA