綿矢りさの『夢を与える』を読んで

『夢を与える』:綿矢りさ

Unknown-17

2001年高校生のときに書いた『インストール』は強烈なデビューでした。2004年19歳の最年少で『蹴りたい背中』で芥川賞受賞、そして2007年の『夢を与える』は芥川賞受賞後の第一作です。私と、一人称で書いた前作と違い、芸能界という社会を取り上げた三人称の小説です。綿矢りさを読むと、いつもその才能の1/10でも自分にあったらな思ってしまいます。きっと、綿矢りさは100mの散歩して、見たもの、感じることを原稿用紙で何枚でも書けるでしょう。
でも、この小説は、才能があっても想像力だけでは書けないはずです。芸能界を取材して精査したのでしょう。それにしても大学生のとき書き上げた小説ということになります。

前作と違い、この小説には多くの人物が登場します。その人たちとの絡みに、主人公の揺れ動く心理を投影しながら、物語が進んで行きます。だから、あらすじを書くのは難しい。

縦書きエディター

Hagoromo
Hagoromo
Price: 19,99 €

私のあらすじ

主人公の夕子は虹から生まれ落ちたような、現実離れして可愛い完璧な赤ん坊だった。
アイドル夕子の栄光と失墜の物語は、夕子が生まれる前に始まる。夕子の母となる幹子は、6年間付き合っていた日本人の父とフランス人の母を持つトーマに、幹子が結婚のことを持ち出したことが原因で、別れ話を持ち出される。幹子は「絶対に別れない」と決めていた。悲しみと思惑の交じった涙で訴え、なんとかしばらくの間トーマの部屋へ住まわせてもらうことになった。そして、やっとの思いでトーマとの肉体関係を復活させ、避妊具に細工し続けて妊娠してから、結婚を迫った。
子供が生まれた。生まれた子供はその天性の可愛さでもって、二人をまるで変えってしまった。

友達の勧めで、夕子を雑誌社のカメラマンに会わせる。一目で気に入られ通販カタログ誌のモデルになり、大手チーズ会社のCMに起用される。それは、子供がチーズを食べながら成長する様を長年に渡って撮り続けるという半永久契約だった。そして母の幹子は剛腕マネージャーになる。このCMで多くの人に知られるチャイルドタレントになる。中学生になって大手芸能事務所に代わり、連ドラ、映画、バラエティー、雑誌のインタビューと仕事が増え、母の念願通り、清純派アイドルとしてブレイクする。夕子は契約に縛られ芸能界という有刺鉄線の柵の中で、利益を生む商品として扱われながらも、笑顔で可愛い役を演じ続け、未来が見えないまま走り続けていた。

そして、これも芸能事務所の戦略で、大学の受験勉強をしていたとき、深夜のテレビ番組で観た無名ダンサーに一目惚れ、恋をする。初めての男、清純派アイドルにあってはならないいセックススキャンダル、男の裏切り。揉み消そうとする事務所と母のシナリオに、夕子は突然、芸能界という資本社会の有刺鉄線の柵を超えることを決断する。

読む人によって、作者の意図することの解釈はまちまちだと思います。「半永久の契約」も、ひとつのキーワードだと思います。つまり芸能界では清純アイドルは半永久的ではないし、観る側も半永久的ではありません。芸能界に限らず、どこの業界にも言えることでしょう。半永久を信じていると、失墜の悲劇にあうでしょう。主人公の夕子のように、ある瞬間に決断しなければ、有刺鉄線の中で惨めな姿で死んでしまうことになります。

Amazon➡️夢を与える (河出文庫)
iBooks➡️ 夢を与える – 綿矢りさ
楽天➡️夢を与える [ 綿矢りさ ]

ブログ村
ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA