速読

私の人生を変えた速読

外資に転職

20数年前、30代半ば、私は日本の某重工業から設立まもないヨーロッパ系の外資に転職しました。膨大な製品の技術資料、文献、市場調査資料などを読む必要に迫られ、すぐに速読の講座を受けました。トータル15時間くらいの講座です。15万円くらいだったと思います。

年収300万円アップ

試用期間の三ヶ月を過ぎ、年収が300万円アップしました。私は技術屋です。それまで、お金と時間をかけた語学等の勉強費用をすべて回収しました。

外資に25年勤務

人の入れ替わりが激しく、何かと難しい外資に25年も勤めることができました。もちろん外資ですから実績です。会社は人に寄らず、仕事は惑わされず正攻法、加速力、そして余裕だと思っています。速読はバタバタとただ忙しくすることではありません。

一石何鳥にもなる速読

速読している時は、他のことは考えていないマインドフルネスの集中状態です。それに、だらだらしないポモドーロ時間管理になります。

速読Art

『速読x記憶術トレーニング』:川村明宏、川村真矢

Unknown-22

実用的な内容です。

速読の実践トレーニングができる内容です。
著者の川村明宏は新日本速読協会の会長で、速読法の開発創始者、速脳理論の提唱者です。速読、速脳に関する多くの著書があります。任天堂DS「目で右脳を鍛える速読術」シリーズで著者の名前を記憶されている方も多いと思います。

アメリカでもシェアナンバーワン

また、著者の開発した英語版速読術「eyeQ」は現在、アメリカ国内における速読術、能力開発関係の著作物市場でナンバーワンのシェアを有しています。

プロローグの一部を引用します。

「速読はむずかしい」という誤解

  • 速読は、用具を買って練習を積めば楽しめるようになるスポーツと同様に、私たちにとって、ごく身近な能力です。
  • 簡単な訓練で誰にでも身につくものです。やってみればわかります。必要なものが一つあります。それは速読ができるようになりたいと」という熱意です。

    誰でも頭は良くなる

    あなたが自分の遺伝子に埋め込まれた設計図を生かしきれず、能力を活性化できていないだけです。

自分が欲しいと願っていたスキルを身につけ、自分が進みたいと思っている道に、自信を持って進むことができます。自然に収入もアップし、気がつけば多彩な人脈ができています。

次のような章になっています。順番に指示通りトレーニングして行けば、3倍は速くなれるでしょう。
* 序章:あなたの潜在能力を「速読」で目覚めさせよう
* 第一章:速読はちゃんと身につけるとこんなに便利
* 第二章:速読x記憶術トレーニングを始める前に
* 第三章:トレーニング開始! 眼筋と右脳を鍛えよう
* 第四章:次元の違うスピードで認識する力をつける
* 第五章:究極の速読術「ブロック読み」を身につける
* 第六章:「マルチ脳」をつくる記憶術トレーニング

トレーニング内容の一部

P6090020

P6090021

P6090024

本格的なトレーニングができるプログラム

価格もリーズナブルです。体験者の言葉を読んで下さい。 ….「川村明宏のジニアス速読術」



;

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください