2016年の手帳は「1日1ページ」の『EDiT』にしました

2016年はCreativeな手帳にしよう

地下鉄の隣の席の若い女性の手帳を横目でチラッっと覗いた。ページに小さな文字でびっしり書かれている。3色ボールぺんで色分け、蛍光ペンで枠取り、それにシールまで貼ってある。太宰治の小説「女生徒」のように、彼女から手帳を借りて、書き方を真似たら、私の手帳も「夢がかなう手帳」に生まれ変わりそうである。

DSC01785-2

私の手帳はスケージュール管理だけで、創造性も、たいした生産性もない。それで、来年の手帳は1日1ページの手帳を使うことにした。
途中で挫折しないために幾つかのルールが必要なようだ。

  • 丁寧に書く
  • あやふやな漢字をごまかさない、辞書を引く
  • ずは客観的な事実(その日のニュース、経済指標、天気など)を書く

選んだ手帳は『EDiT B6変型』

渋谷のLoftで数え切れないほどある手帳を、開いては閉じて選んだのが『EDiTのA6変型』です。選んだ理由は、まずページがシンプルでスペースもあるので、その日の気分、出来事によてフレキシブルなフォーマットで書いたり、描いたりできそうである。それに、カバーがマットで手触りがしっとりしている。

ページを紹介(私の手帳のスキャン画像です)

月の初めに「月間スケジュール表」

スキャンした画像 18-2

月の初めに「目標、プラン、予算」など書けるページ

スキャンした画像 19-2

Dairyのページ

スキャンした画像 20-2

こちらからダイレクトに購入できます。【1冊送料無料】おしゃれな手帳が欲しい。
2016年版 MARK’SDIARY(手帳)★1冊送料無料(メール便)




アマゾン

楽天

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください