夏休み

木漏れ日が揺れている

a0058105_2330084-2

木漏れ日が揺れている
風がそよぎ
影がゆらぐ
蝉を追う子どもたちの声が聞こえる

ゆらぐ木漏れ日の明暗が
深い記憶の井戸の水面を揺らす
薄白い霧のように記憶が立ちのぼる

木漏れ日に、
いつの日の記憶が揺れているのか
分からない

ただ、たまらなく懐かしくなる。

夏休み

吉田拓郎の『夏休み』を聴いている。

姉さん先生 もうない
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

夏休み5-2

My straw hat has already gone.
Flogs have already disappeared from the rice fields.
Still, I’m waiting for a summer vacation.

The teacher like an elder sister has already gone.
The beautiful teacher is not here yet.
Still, I’m waiting for summer vacation.

I was writing a picture diary on that summer vacation.
I was buying fireworks on that summer vacation.
Counting my fingers, I had been waiting for the summer vacation.

Where have all dragonflies of the field gone?
though I set them free at that time.
I was waiting for a summer vacation alone.

I was eating a watermelon on that summer vacation.
I was watering on the street on that summer vacation.

Sunflowers, evening showers, and a chorus of cicadas.

私の自由翻訳です。

こんな歌です。視聴してみてください。夏休み (ぼーなすとらっく) – 吉田拓郎

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA