不器用にMac MiniのSSD換装

一応、メキャニカルエンジニアです。ところが手先が不器用で、いままでいろいろなものを壊してきた。だから妻からはまったく信用がなく、「あっ、余計なことしないで、本当に壊してしまうから」と言われる。勤めていた頃は、現場で「あっ、部長!触らないでください。出すのは口だけで結構ですから」と言われていた。
だから医者を信用していない。私のような不器用な医者はいるはずだ。そんな医者に手術でもされたらたまったもんじゃない。

Mac Mini(2012)のハードデスクをSSDに換装

去年まで、「Mac Mini(2012)+シネマディスプレイ+ナナオのディスプレー」がメインのデスクトップだった。しかし、あまりにも遅くなったので、SSD搭載の「MacBook Proにディスプレー」を接続してMacMiniのような使い方をしている。そのMacBook Proも心配になってきたので、Mac MiniのハードデスクをSSDに換装してみることにした。

サイトには親切な方がたくさんいる。写真付きで換装の仕方を詳細に紹介している。いろいろなメーカーのSSDがあるが、余計なことを考えずに参照したサイトの方が使用したサムソンのSSDと必要な工具をAmazonから取り寄せた。

SSDjpg

さて交換しよう。

妻が部屋に入ってきて、「両方とも壊さないようにね…」と気にさわることを言う。

注意する点は小さな特殊な端子に接続されている配線です。サイトの説明を見ながら慎重に行おう。

1時間もかからず、意外と簡単に交換できた。器用な人だったら、これで換装完でしょう。

交換

SSDがマウントされない

ところが起動するとSSDがマウントされない。しょうがないので、もう一度分解した。SSDの配線がはずれていた。上のカバーにSSDがすっかり固定されてなくて、動いてハズれたようである。

SSDがマウントされた!、フォーマットしてOSのインストールを始める。時間がかかりそうなので、居間でテレビを見ていた。

あーダメか、異常に熱い

もどるとインストールが中断している。本体に触ると異常に熱い。あーダメか、しかしここで諦めてはと思い、もう一度分解した。冷却ファンの接続端子をドライバーで押すと「カチン」と音がした。不器用なくせに、先へ先へと急ぐ私の欠点です。

速くなった

換装してから、順次Appをインストールしながら1週間使ってみた、期待していた以上に速い。メインデスクトップに復活です。もう二年くらいは使えるでしょう。

PC本体内にデータを保存してないので、250GのSSDで十分です。写真は2台のハードデスクに保存、バックアップしている。ドキュメントは、どのPCからでもアクセスできるようにクラウドとドロップボックスに保存している。

SSD

工具

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA