中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 2

三島由紀夫の『潮騒』で翻訳勉強

公園のテーブルベンチに座ってぼんやりしている。何か行動しないと何も始まらない。いつもの翻訳勉強から始めよう。

IMG_5294

『潮騒』の舞台は伊勢湾の入り口にある小さな島、神島です。1953年頃に三島由紀夫は神島に取材のために滞在しています。大昔に観た記憶がある吉永小百合と浜田光夫が主演する映画『潮騒』(1964年)をアマゾンのプライムビデオで観てみた。映画で神島を知ることができる。土地柄、今も小説に描写されている風景がそのまま残っているような気がする。

次は三浦友和と山口百恵が主演した『潮騒』を観てみよう。ところで翻訳は本当に中学英語になってしまいました。

私の翻訳

After the sun has set, a young fisherman carrying one big flatfish is hurriedly climbing the mountain road from the village for the lighthouse.

He graduated from junior high school only two years ago, so he is still eighteen. He is tall and has a strong body. Only his childlike face corresponds to his age. His skin is over tanned. His good shape of the nose is one of the peculiarities of the islander, and his lips are chapped.

His blackish eyes are clear, but it is a gift of the sea for fishermen living on the sea. So his eyes are not intelligent clear ones. His school record was markedly poor.

He is still wearing working clothes – his dead father’s mementos trousers and a chip jacket.

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください