中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 3

 三島由紀夫の『潮騒』で翻訳勉強

SDIM0628
いつの間にか秋になって、今夜は中秋の名月です。机の前の窓をいっぱいに開けて、しばらくぶりに翻訳勉強しています。

そう言えば、祖母が生きていた子供頃、「十五夜さん」といって、祖母が月の見える窓際にテーブルを置いて、ススキとサツマイモ、葡萄、梨など季節のものをお供えしていました。

あいかわらず、主語を探して、辞書をいったりきたりして悪戦苦闘しています。翻訳を終えてから、Meredith Weatherの翻訳を読んで、なるほどな〜と感心するだけで、どうにもなりません。

三島由紀夫の『潮騒』、いい小説ですね。三島由起夫の豊富な語彙を、これでもか〜と駆使した他の作品と違って、簡素な書き方です。どんな風にも書けるということでしょうね。

One strange girl, he has never seen, fixes heavy wood frames called Soroban in the sand, and rest leaning her body against them. The frames are used to pull up fishing boats on the beach by a winch. The frames are means to place under boats, on which a boat is moved one after another. The girl seems to have just finished this work and taken a rest.

Her face is sweating and her cheek is burning. A cold west wind is strong, but she seems to enjoy exposing her flushed face and streaming her hair in the wind.
She wears a sleeveless wadded jacket and a loose work pant, and stained work gloves.Her healthy skin color is almost same as the other girls of the land, but her eyes are quite clear and her eyebrows are thin. Her eyes gaze at the eastern sky, where between the pile of dark clouds, one red point of the sun is setting.

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA