TOEIC600点はキャリアアップの第一歩

r1026491-2

私は27年間外資に勤めていました。外資だからといってTOEIC偏重ということはありませんでした。

そう言っても外資です。最低600点レベルの英語力は必要で、そのレベルの英語力で容認ということではありません。600点レベルの基礎があれば、自分で学習、社内、外の教育、実務を通して、700点900点レベルに持ち上げることができるということです

600点というのは中学生レベルの構文を理解できているということで、十分に英語の基礎力があるということで、専門用語がわかっていれば実践で使えるレベルです。

TOEICの多くの問題は”早指し将棋”のようなもので、日本語で考えている時間などありません。即答です。高得点を出すためにはシステマティックな学習が必要です。

英語教材ではダントツの実績があるアルクの『TOEICテスト600点攻略プログラム』

標準学習時間:3ヶ月 通信講座

講座のポイント

  1. 「直解トレーニング」:実践で役立つ英語力と解答スピードを身につけるTOEICのテストはリスニング(100問/45分), リーディング(100問/75分間)の合計2時間

    「直解トレーニング」はリスニングとリーディングの解答を短縮を図る学習法です。

  2. “英語教授法のエキスパート”と”TOEICの達人による監修”
  3. スキマ時間用にテキストを分冊持ち歩き用のテキストで『Take it with you』で構文の復習や単語学習ができる。

詳細はこちらをごらんください….TOEIC(R)テスト600点攻略プログラム

ブログ村
ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA