中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 6

三島由紀夫の『潮騒』で英語の勉強

SDIM0628

さて純愛物語のクライマックスです。新冶と初枝は、嵐で休漁の日に、戦争中に観的哨だった廃墟で会う約束をしていた。ついにその嵐の日がやってきた。先に着いた新冶は廃墟にあった松葉を集めて火をつけた。焚き火で体が温まり、初枝を待つうちに眠り込んでしまった。

私の翻訳

When Shinji waked, before his eyes, the fire was still blazing steadily. A vague unfamiliar shadow stood across the flames. Shinji wondered if he was dreaming.

There, the naked girl was standing with her head down and drying her wet white underwear at the fire. As she was holding the lower part of the underwear, she was exposing the whole upper half of her body.

He realized that it was not a dream, and he got one cunning idea. He thought that he would pretend to stay asleep and open his eyes slightly. But it was too difficult for him to keep staring at her without moving, because her naked body was supremely beautiful.

翻訳ライフをサポートする翻訳者ネットワーク「アメリア」

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA