英文法の基礎の基礎、でも易しいだけではない『英文法のトリセツ』

「英文法のトリセツ」:阿川イチロウ

英文法の基礎の基礎、でも易しいだけでない。ツボがある

本の帯に”やりなおし英語レベル 中学一年生”と書いていある。ここまで戻る必要はないな、と思いながら立ち読みした。結局買ってしまい、近くの喫茶店で300頁を2時間で読み物のように読み終えた。ちょっと説明がしつこいが、ただ易しいだけの本ではない。だいじなツボが書かれている。

冒頭の書き出しは、

次の日本語の文と、それに対応する英文を見てください。
1. ボクたち    テニス   する。→We Play tennis.
2. ボク    音楽    聴く。→I listen to music.

とても短くてシンプルな文だけど、よーく見てみると….
1と2日本語の構文はまったく同じです。
でもそれなのに、対応する英語の文のほうには、toがあったりなかったり!

「ほー、いきなり冒頭で、英文法のツボについて書いてます。」

読み進むとわかりやすく説明されている。

英文の動詞から後ろのカタチは、「どのような動詞を使ったのか」によって決まってくる!

英語の一般動詞には後ろにいきなり名詞を続けていいタイプと、名詞を続けるのに前置詞が必要なタイプがある!

そして、自動詞と他動詞の見分け方

  • 英語はまったく苦手で、中学生レベルの文法からやり直したいと思っている方。
  • 英文法がわかっているつもりの人は読み物ように読めます。それでも発見はあるはずです。
  • 子供に英語を教えることができますか?この本を読んだら教え方が上手くなります。

目次
1. 英語のカタチ
2. 否定文、疑問文のカタチ
3. 動詞が英文のカタチを決める(一般動詞)
4. 動詞が英文にカタチを決める(be動詞)
5. 動詞のカタチ(自制)と副詞
6. アレも副詞、コレも副詞
7. 前置詞が英文を見えにくくする
8. 掟(オキテ)破りのカタチ
9. 助っ人動詞?
10.「疑問詞」ってなーに?
11. 動詞に-ingがついた
12. 難度Sの文のカタチ(前編)
13. 難度Sの文のカタチ(後編)

Amazon–英文法のトリセツ—英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編
楽天–英文法のトリセツじっくり基礎編 [ 阿川イチロヲ ]

もっと英文法がわかればTOEICの点数を数百点伸ばせる。

この本の著者阿川イチロウさん同じように、英語がダメだった鈴木拓さん(現在はTOEIC満点)が開設してる人気の通信講座です。ダメだった人はよく学習のツボを知っている。読んでみてください。参考になります。ゼロからの英語やり直し教室New Beginning

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください