『どんなに体がかたい人でもベターっと開脚ができるようになるすごい方法』

昨夜、妻が部屋のドア開けて「ちょっと早く」と呼んでいる。居間へ行くと「あんたもやってごらん」とテレビを指差した。嵐の松潤が、細っそりした女性インストラクターの指導で、なにやらストレッチようなことをしている。

「あっ、このインストラクターの本持っている」と言うと、妻と、一緒にテレビを見ていた娘が、「えっ、持ってるの! 早く言ってよ」と呆れている。

『どんなに体がかたい人でもベターっと開脚ができるようになるすごい方法』:Eiko

実は、数ヶ月前に本屋で、本のタイトルが気になって開いみた、「まえがきのまえがき」の冒頭に、

ぼくは小さいころから、
体がかたいことが悩みでした。
前屈しても、もちろんマイナス。
足の先をつかむことができせん。
足先は、遠くに見える蜃気楼のようです。—-

まったく私です。子供のころから体がかたい。それでも若いときは体がかたくても、なんとか反射神経でカバーできたが、歳とって屈む動作も面倒になって、このままではまずいな、と思っていたところである。

それに、ストレッチのプログラムがシンプル、わかりやすい。これなら自分にもできそうだな、と思い買いました。

こっそり部屋でやって、皆を驚かそうと思って本を買ったことは内緒にしていた。それが、昨晩テレビを見るまですっかり買ったことを忘れていた。

開脚ができたら人生がかわりだろうな

よし、ヨガマット買ってきて始めよう。

開脚ができたら人生がかわりだろうな。体がすごく軽くなりそうですね。

この本の第二幕は、『開脚もできないやつが、何かをなせると思うな』という短い小説になっています。上司の営業本部部長と、課長、そして女性総合職の仕事と開脚にまつわる物語です。面白く読めます。思い当たることもあるとでしょう。

「ちなみに、開脚ができるようになると、個人的はコンプレックスの克服や前向きな気分になれること以外にも、たくさんいいことがあるぞ」

堀(部長)はそう言って。まるで新商品のプレゼントのように、ホワイトボードを使って開脚の効果を説明し始めた。

  1. ダイエット効果、アンチエイジング効果
  2. ケガの予防
  3. 脚のむくみ改善、脚の引き締め
  4. 全身のバランスが整い、お腹が引き締まる
  5. 股関節が正常の位置に戻り、いためにくくなる
  6. O脚やX脚の改善にも効果あり

ズラッと並んだ魅力的な開脚の「副産物」に、2人は目を奪われた。

読む本ではなくて、実行する本であることを忘れないようにしないと。

Amazon
どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

楽天
どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法 [ Eiko ]

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA