『日本語教育能力検定試験』の合格率が抜群の『NAFL日本語教師養成プログラム』

アルクの『NAFL日本語教師養成プログラム』

留学、就労で日本に滞在する外国人、自国で日本関連企業に勤めたいと思っている外国人、日本の文化が好きでたまらない外国人など、日本語を学習する外国人が増え続けています。しかし、正しい日本語を教えることができる日本語教師が不足しています。

日本語教師を目指している人に、一番の近道は「日本語教育能力検定試験」に合格することです。しかし「日本語教育能力検定試験」は合格率が約20%の難関試験です。

そのなかで、アルクの『NAFL日本語教師養成プログラム』は合格率は57.4%、平均合格率の2.5倍です。

NAFLを徹底的に使いこなせば、3~4ヶ月の学習で試験対策ができます。

2018年4月23日までの限定販売、4/2日まで申し込めば早割5%です

プログラムの詳細、特長はこちらをご覧ください。

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください