すかっとした『アウトレイジ最終章』

たけしの『アウトレイジ最終章』

観たかった映画、たけしの『アウトレイジ最終章』を観て来た。すかっとした。ストレス解消になった。

アウトレイジ同士の抗争、たけし扮する大友が、敵対するヤクザを有無なく皆殺しにする。相手に反撃など与えない。飛び抜けた強さで皆殺しにする。暴力美学、それが爽快なのです。

教育的なところは何もない。あるとすれば、たけし扮する大友は凶暴なアウトレイジだが、真の悪人ではないというところでしょうか。それに、俳優は皆、殺されてもしょうがないという悪人顔なので、心が痛むことなどありません。

仕事でイライラしている人、観てください。すっきりしますよ。

ブログ村
ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA