やっぱり『1000時間ヒアリングマラソン』の学習法は正しかった

『1000時間ヒアリングマラソン』の学習法は良かった

シニアになってから中国語の勉強を始めた。読めること、書くことに力を入れて学習して来た。しかし上達に行き詰まり感じていた。原因は音を無視してきたからです。それで、ヒアリング、スクリプトを見ながらのヒアリング、声を出してシャドウイングを始めた。壁を乗り越えた気がする。

英語は30代の頃、アルクの『1000時間マラソン』を中心に学習して、外資で働けるまでの実用レベルになった。

月刊誌スタイルで毎月お届け「1000時間ヒアリングマラソン」


仕事での経験ですが、聴ければなんとかなります。聴ければ自分の持っている英語力でなんとかしのげます。

やっぱり、『1000時間マラソン』の学習法は正しかったんだ。語学の習得は、音、聴くことが大事だな。

中国語の『1000時間ヒアリングマラソン』教材はない。それでヒアリングマラソンを真似た勉強法を採用している。音をテキストで確認することです。

言葉は、「音」-「文字」-「意味」が相互に関係しあっている。どこか一つが弱いと、脳の記憶、想起力が効率良く働かない、すごくもったいない。

日本人は特に英語の音(ヒアリング)に弱い。でも基礎力はあるので、ヒアリングを鍛えれば、驚くほで速く英語力が伸びます。

旬な話題を提供する教材は、英語を勉強しながら、賢くなれます。

25日まで申し込めば、次の月から始められますよ!

詳細はこちらをご覧ください。

月刊誌スタイルで毎月お届け「1000時間ヒアリングマラソン」

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください