大人の英作勉強:太宰治の『走れメロス』

大人の英作勉強:太宰治の『走れメロス』

『走れメロス』は短編小説で、疾走するようなリズムの文体で書かれているので、あっと言うまに読めてしまう。

太宰治に影響受けて小説を書き始め、芥川賞作家になった綿谷りさの卒業論文のテーマは『走れメロス』だったそうです。それも原稿用紙で150枚以上書いたと、何かの本で読んだことがあります。論文にはどんなことが書かれているのでしょうか、芥川賞作家の論文を読んでみたいですね。

『走れメロス』で、メロスが暴虐な王に人質として差し出した竹馬の友セリヌンティウスのモデルは檀一雄だと言われている。これは間違いないようです。檀一雄の著書『太宰と安吾』の「熱海行」に書かれている。檀一雄は太宰の妻初枝に頼まれて熱海に滞在している太宰にお金を届けに行く。 しかしその額は宿代、遊興していた料亭、居酒屋、遊女屋への払いには到底足りるわけがなかった。太宰は檀一雄を人質として宿に残して、東京に金策に戻る。一日二日で必ず戻ると言って出た太宰は何日たっても戻って来ない。金を立て替えた宿の主人と檀一雄は太宰を探しに東京へ行く。予想通り太宰は井伏鱒二の家にいた。障子を開けると太宰は井伏鱒二と将棋をしていた—、つまりモデルと言っても太宰がメロスのように疾走して熱海に戻ったわけではない。ただ、檀一雄は「待つ身が辛いかね、待たせる身が辛いかね」と言った太宰の声がいつまでも耳に響いてくる、と書いている。明るくはないけど、どこかユーモアがある話です。

『太宰治全集』Kindle版(200円)

太宰と安吾

原文:太宰治『走れメロス』から引用

路行く人を押しのけ、 跳ねとばし、 メロスは黒い風のように走った。 野原で酒宴の、 その宴席のまっただ中を駈け抜け、 酒宴の人たちを
仰天させ、 犬を蹴とばし、 小川を飛び越え、 少しずつ沈んでゆく太陽 の、 十倍も早く走った。 一団の旅人と颯っとすれちがった瞬間、 不吉 な会話を小耳にはさんだ。「いまごろは、 あの男も、磔にかかっている よ。」 ああ、 その男、 その男のために私は、 いまこんなに走っている のだ。 その男を死なせてはならない。 急げ、 メロス。 おくれてはならぬ。 愛と誠の力を、 いまこそ知らせてやるがよい。 風態なんかは、 どうでもいい。 メロスは、 いまは、 ほとんど全裸体であった。



私の翻訳(英語勉強のための翻訳です)

Pushing and dashing men and women walking along the road, Melos runs like a blast of the black wind. He runs straight into a drinking party in the field and frightens men at the party. Kicking dogs、jumping over streams, he runs 10 times faster than the gradual sinking sun. For an instant when passing by one group of travelers, he overhears an ominous talking, “ By now, that man must be crucified”. Ah, the man, I have been running so much for that man. You must not let the man die. Hurry up, Melos. Never be late. It is now you can prove the power of love and integrity. I don’t care about my appearance. Melos is currently almost naked.



ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください