映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぽっちのサリンジャー』

『the Catcher in the RYE』の原書を買ったのは45年ぐらい前、二十歳そこそこの頃でしょう。難しかった。10頁も読まないのうちに挫折してしまった。この小説は会話が多い。主人公ホールデンと若者たちの会話が理解できない。それに1950年前後のアメリカの時代背景がイメージでできなかった。

映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぽっちのサリンジャー』が上映されていることを知って。映画を観る前にと思い、もう一度原書で読み始めた。難しいことには変わりないが、そこはなんとか年の功で読み終えた。

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぽっちのサリンジャー』

映画は、サリンジャーが実業家だった父の反対を押し切ってコロンビア大学に入学して小説家をめざすところから始まる。自分の作品のストーリーは絶対に曲げないという変人的なこだわりはあったが、出版することに必死になっていたことは、著名になった多くの小説家と変わらない。

『the Catcher in the Rye』は始めての長編小説で、第二世界大戦をまたいで書かれている。映画で知ったことはサリンジャーは志願して陸軍に入隊し、ヨーロッパ戦線に派遣されノルマンディー上陸作戦に参加している。しかし激しい戦闘と悲惨な体験で精神が異常になって、復員してからも小説を書けない状態が続いた。インド系の寺院のようなところで瞑想の指導を受けて、瞑想によって自分を取り戻し再び書き始めた。

少年らしくない狂ったようなホールディングが主人公の『the Catcher in the Rye』は大手の出版社からは拒否された。しかし出版すると、若者には圧倒的な人気になり、大ベストセラーになった。出版してから70年たった今でも売れ続けているそうです。

しかし皮肉にも、この成功がサリンジャーが文壇から去った原因になった。サリンジャーは熱狂的な若者ファンに悩まされ、静かな環境を求めて山の中に家を建て移り住んだ。結果として、その後、書いたものを出版することを止め、社会から孤立した生活を送っている。

インタビュー取材には絶対応じなかったサリンジャーが、学校新聞の記事にしたいという女子高校生のインタビューの申し入れを、地元の高校生だからと思って承諾する。しかし、そのインタビューが大新聞の記事になった。だまされた知ったサリンジャーは、それ以後地元の高校生との交流も絶っている。

ただ、その仕組まれたインタビューの「この小説のモデルはサリンジャーさん自身ですか?」の質問に対して「前半の部分は自分がモデル」と答えている。サリンジャーは小説の主人公ホールディングのような変人だったが、それ以上に人を洞察できる繊細な少年だったのでしょう。

戦争をまたいで書かれたはずなのに、小説に戦争の匂いがないことを疑問に思っていた。映画を観てわかったような気がする。

原書『the Catcher in the Rye』
Amazon

村上春樹翻訳
Amazon
楽天

ブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする