小説 一覧

読み返したくなかった小説『沈黙』

読み返したくなかった小説『沈黙』

『沈黙』:遠藤周作 始めて『沈黙』を読んだのは20代後半だったと思う。読み終えたとき、もう読み返したくないと思った。怖かった。自分だったら...

記事を読む

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

村上春樹の『走るこことについて語るときに僕の語ること』は、数年前に買ってからずっと本棚に眠っていました。私はジョッキングもしないので、内容に...

記事を読む

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

舞浜のイクスピアリで映画を観たあとは、いつも地下の丸善に寄る。村上春樹の”HEAR THE WIND SING” (『風の歌を聴け』の英語翻...

記事を読む

占領下時代の大ベストセラー石坂洋次郎の『青い山脈』

占領下時代の大ベストセラー石坂洋次郎の『青い山脈』

『青い山脈』:石坂洋次郎 『青い山脈』は1947年(昭和22年)に「朝日新聞」に朝日新聞に連載され、連載後の書籍は大ベストセラーになっ...

記事を読む

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』翻訳8完

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』翻訳8完

三島由紀夫の『潮騒』で英語の勉強 『潮騒』は三島由紀夫が29才のときの作品です。もう一冊『潮騒』のような小説を書いていたら自殺すること...

記事を読む

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 6

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 6

三島由紀夫の『潮騒』で英語の勉強 さて純愛物語のクライマックスです。新冶と初枝は、嵐で休漁の日に、戦争中に観的哨だった廃墟で会う約...

記事を読む

村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を読んで

村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を読んで

本棚の隅にあった村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を開いてみた。発行は平成12年(2000年)16年前である。写真が主体で、村上春樹...

記事を読む

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳  5

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 5

三島由紀夫の『潮騒』で英語の勉強 「潮騒」、これからがいいところです。新冶と初枝は、嵐で休漁の日に、戦争中に観的哨だった廃墟で会う約束...

記事を読む

村上春樹の『はじめての文学 村上春樹』、孫に読ませようと思って、自分がはまったしまった。

村上春樹の『はじめての文学 村上春樹』、孫に読ませようと思って、自分がはまったしまった。

『はじめての文学 村上春樹』:村上春樹 『はじめての文学 村上春樹』は、文藝春秋が、活字離れの中高生など青年に、文学に親しんでもらおう...

記事を読む

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 4

中学英語で三島由紀夫の『潮騒』を翻訳 4

三島由紀夫の『潮騒』で英語の勉強 いまの人の初恋とはどんな風なんでしょうか。私の時代は、まだ『潮騒』に近いものでした。昔だからと言って...

記事を読む

手紙でなければ伝わらない、辻仁成の『代筆屋』

手紙でなければ伝わらない、辻仁成の『代筆屋』

『プロの代筆屋による 心を動かす魔法の文章』の著者、中島泰は辻仁成の小説『代筆屋』読んで、プロの代筆屋になったそうです。 メール、SNSと...

記事を読む

文章が上手な人ほど活用できる中村明の『感覚表現辞典』

文章が上手な人ほど活用できる中村明の『感覚表現辞典』

ずいぶん前のことです。新潟に出張した帰り、ホームの売店で目についた川端康成の『雪国』を買って新幹線に飛び乗った。文学小説など縁のない生活をし...

記事を読む

梅雨の6月19日は『桜桃忌』

梅雨の6月19日は『桜桃忌』

6月19日、桜桃忌です。私は三鷹の太宰治のお墓に行ったことはない。今年も行かないでしょう。 盟友だった檀一雄は昭和二十三年、「太宰治の死の...

記事を読む

村上春樹と安西水丸の『象工場のハッピーエンド』

村上春樹と安西水丸の『象工場のハッピーエンド』

ときどき思い出したように、この薄い文庫本を本棚から抜き出して眺めている。1983年にCBS ・ソニー出版から刊行され、1986年に新潮文庫と...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5