小説 一覧

綿矢りさの『ひらいて』を読んで

綿矢りさの『ひらいて』を読んで

『ひらいて』:綿矢りさ 綿矢りさが19歳のとき芥川賞を受賞した「「蹴りたい背中」を読んだのは、受賞後10年も過ぎたときです。読んで、1...

記事を読む

川端康成の「雪国」

川端康成の「雪国」

川端康成の「雪国」 川端康成の「雪国」で知っていたことは「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」だけでした。 2007年の12月...

記事を読む

芥川龍之介の『トロッコ』を読んで

芥川龍之介の『トロッコ』を読んで

芥川龍之介の『トロッコ』 子供の頃、後先を見ない遊んでいて、気がついたらとんでもない状況になっていて、パニックになった経験はありません...

記事を読む

梶井基次郎の「檸檬」を読んで

梶井基次郎の「檸檬」を読んで

梶井基次郎の「檸檬」を読んで (丸善140周年で限定数発売された万年筆と文庫本のセット「檸檬」です。もったないので使ってません) 結...

記事を読む

太宰治の「桜桃」を読んで

太宰治の「桜桃」を読んで

太宰治の「桜桃」 新山口から新幹線に乗った。東京まで4時間半、ゆっくり本が読めるはずだった。ちょっと眼を閉じたのに、何時間も夢境でつま...

記事を読む

桜庭一樹の「私の男」を読んで

桜庭一樹の「私の男」を読んで

「私の男」:桜庭一樹 2007年の直木賞作品:タブーな近親相姦 「おとうさん、おとうさん、私の男」、タブーな近親相姦の話です。でも、...

記事を読む

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」 良家のお嬢さんの恋愛、冒険小説です。 三島由紀夫の作品で「潮騒」だけが他の作品と異質な青春純愛と小説と...

記事を読む

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」 「サラダ記念日」は1987年に出版された。この年は私にとって転職という人生の大きな節目の年で、「サラダ記...

記事を読む

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」 太宰治の遺書「人間失格」 文学少女のガールフレンドが「読んだら」、と貸してくれたのが「人間失格」でした。太宰治の...

記事を読む

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」 他の作品とは異質な「青春純愛小説」 「潮騒」は「仮面の告白」、「金色」、「金閣寺」、「美徳のよろめき」、な...

記事を読む

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

「蹴りたい背中」:綿矢りさ 綿矢りさの小説を読むのは初めてです。19才の最年少芥川賞作家で、受賞作の「蹴りたい背中」がミリオンセラーで...

記事を読む

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」 玉川上水沿いを井の頭公園まで歩きながら 太宰治文学館へ行って見よう。三鷹駅からiPhoneの地図をたよりに5分...

記事を読む

宮崎輝の「蛍川」を読んで

宮崎輝の「蛍川」を読んで

「蛍川」:宮崎輝 泥の河」は大阪、「蛍川」は富山が舞台です。事実、宮本輝は少年の頃大阪から富山に転居しており、「蛍川」も川縁の食堂を引...

記事を読む

「泥の河」を読んで

「泥の河」を読んで

泥の河:宮本輝著を読んで 涼しくなったので、カメラを持って出かけることにした。本棚から電車で読み切れそうな薄い文庫本、宮本輝の「泥の河...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4