読書 一覧

大人の英作勉強:夏目漱石の『倫敦塔』

大人の英作勉強:夏目漱石の『倫敦塔』

夏目漱石の『倫敦塔』で英作の勉強 イギリスに出張したときロンドンには数回寄っているが、ロンドン塔へは行ったことはない。私は怖がりなので、...

記事を読む

綿矢りさの『勝手にふるえてろ』を読んで

綿矢りさの『勝手にふるえてろ』を読んで

『勝手にふるえてろ』:綿谷りさ 綿矢りさは、男にはわからない女性の生態のようなことを、さらっと大胆に書いたりする。そんな時は、へぇーそ...

記事を読む

夏が終わる前に『十五少年漂流記』を読もう

夏が終わる前に『十五少年漂流記』を読もう

『十五少年漂流記』: 波多野完治訳 数年に一度、夏になると思い出したように読み直している『十五少年漂流記』です。読んで気がつくことは、翻...

記事を読む

半世紀ぶりに井上靖の『あすなろ物語』を読んで

半世紀ぶりに井上靖の『あすなろ物語』を読んで

井上靖の『あすなろ物語』 本屋の夏休みの読書本コーナーで、井上靖の『あすなろ物語』を手に取った。高校生の頃読んだ記憶がある。 『あすな...

記事を読む

孫の課題図書『チキン!』を読んで

孫の課題図書『チキン!』を読んで

小学生高学年の課題図書:いとうみくの『チキン!』 毎夏休み、孫に読書感想文を書かせることが私の役割になっている。読ませるだけでも大変な...

記事を読む

書けないから抜け出した梅田悟司の手法『言葉にできるは武器になる』

書けないから抜け出した梅田悟司の手法『言葉にできるは武器になる』

『言葉にできるは武器になる』:梅田悟司 著者は, カンヌ広告賞など、多くの賞を受けているコピーライター梅田悟司です。理系出身のコピーラ...

記事を読む

読めば変われる!『文藝春秋 Special 2017年夏 「脳と心の正体」』

読めば変われる!『文藝春秋 Special 2017年夏 「脳と心の正体」』

『文藝春秋 Special 2017年夏 「脳と心の正体」』 この歳になってもまだ、秘めた脳力が眠っているのではないかと、諦めきれていない...

記事を読む

女のいない男になりたくなかったら、村上春樹の『女のいない男たち』を読もう

女のいない男になりたくなかったら、村上春樹の『女のいない男たち』を読もう

『女のいない男たち』:村上春樹 読み始めると、いつもながら村上春樹とは何者だ、と思ってしまう。村上春樹自身の体験でも、身近に起こっ...

記事を読む

桜が咲く頃になると読みたくなる梶井基次郎『桜の樹の下には』

桜が咲く頃になると読みたくなる梶井基次郎『桜の樹の下には』

『桜の樹の下には』:梶井基次郎 梶井基次郎の『桜の樹の下には』は数分で読める短い詩のような小説です。 「桜の樹の下には屍体が埋まっている!...

記事を読む

芥川賞作家、藤原智美の『文は1行目から書かなくていい』

芥川賞作家、藤原智美の『文は1行目から書かなくていい』

『文は1行目から書かなくていい』:藤原智美 書き始めに関する問題が、もうひとつ残っていました。最初の一行が決まらずに文章が進まないとい...

記事を読む

読み返したくなかった小説『沈黙』

読み返したくなかった小説『沈黙』

『沈黙』:遠藤周作 始めて『沈黙』を読んだのは20代後半だったと思う。読み終えたとき、もう読み返したくないと思った。怖かった。自分だったら...

記事を読む

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

村上春樹の『走るこことについて語るときに僕の語ること』は、数年前に買ってからずっと本棚に眠っていました。私はジョッキングもしないので、内容に...

記事を読む

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

舞浜のイクスピアリで映画を観たあとは、いつも地下の丸善に寄る。村上春樹の”HEAR THE WIND SING” (『風の歌を聴け』の英語翻...

記事を読む

占領下時代の大ベストセラー石坂洋次郎の『青い山脈』

占領下時代の大ベストセラー石坂洋次郎の『青い山脈』

『青い山脈』:石坂洋次郎 『青い山脈』は1947年(昭和22年)に「朝日新聞」に朝日新聞に連載され、連載後の書籍は大ベストセラーになっ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 9