読書 一覧

檀一雄の『太宰と安吾』を読んで

檀一雄の『太宰と安吾』を読んで

『太宰と安吾』:檀一雄 面白い! この本は2003年に刊行された単行本を文庫本にして今年の1月に出版されました。私は初めて読みました...

記事を読む

北鎌倉建長寺と三島由紀夫の『海と夕焼け』

北鎌倉建長寺と三島由紀夫の『海と夕焼け』

『海と夕焼け』:三島由紀夫 東慶寺の梅を見た後、建長寺に寄った。この日は寒く境内は人もまばらだ。裏山の半蔵坊まで登ってみようか。長い石...

記事を読む

iPhoneで簡単に読書管理『ビブリア』

iPhoneで簡単に読書管理『ビブリア』

iPhone App:『ビブリア』 無料アプリ シンプルな読書管理、蔵書データ閲覧 いま読み終えた本を取り込む読書管理、または蔵書を...

記事を読む

大事にしている本『対訳 おくのほそ道』

大事にしている本『対訳 おくのほそ道』

『対訳 おくのほそ道』:ドナルド・キーン(訳)、宮田雅之(切り絵) The Narrow Road to Oku 実はこの本は前回の記事...

記事を読む

大事にしている本『対訳 万葉恋歌』

大事にしている本『対訳 万葉恋歌』

『対訳 万葉恋歌』Love Songs from the Man’yoshu 万葉集を愛読しているわけではありません。丸善の洋書コーナ...

記事を読む

村上春樹の『職業としての小説家』

村上春樹の『職業としての小説家』

村上春樹の『職業としての小説家』 村上春樹は『職業としての小説家』として出版する前に、講演原稿を書くつもりで全体の文章を統一したと言ってい...

記事を読む

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ』、『村上ラヂオ2』

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ』、『村上ラヂオ2』

『村上ラヂオ』『村上ラヂオ2』:村上春樹 大橋渡(画) 私は特に『村上ラヂオ2』が好きで、孫が好きな漫画を繰り返し見ているように、何度...

記事を読む

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んで

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んで

スクラップ・アンド・ビルド:羽田圭介 羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んでみた。同芥川賞の又吉直樹の『火花』は、私には始めリズ...

記事を読む

北鎌倉散歩:円覚寺と川端康成の『千羽鶴』

北鎌倉散歩:円覚寺と川端康成の『千羽鶴』

円覚寺と川端康成の『千羽鶴』 三連休の中日、今年初めての北鎌倉、そして円覚寺が初詣になりました。今頃は雪の成人式もあったのに、今日は常にな...

記事を読む

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

ランゲルハンス島の午後:村上春樹、安西水丸 『ランゲルハンス島の午後』は、1984年6月の「CLASSY」の創刊から2年間、村上春樹と...

記事を読む

齋藤孝の『語彙力こそが教養である』

齋藤孝の『語彙力こそが教養である』

『語彙力こそが教養である』:齋藤孝 分かりやすい”目から鱗が落ちる”ハウツー本 齋藤孝は明治大学教授で学生たちに講義をしている。きっ...

記事を読む

尾崎豊の『NOTES』

尾崎豊の『NOTES』

尾崎豊の『NOTES』 私は尾崎豊より一回りも歳が上で、尾崎豊の歌を歌詞を追って聴いたのは、尾崎豊が亡くなってからです。ずいぶん昔のこ...

記事を読む

太宰治の秘密が見える、出口汪の『「太宰」で鍛える日本語力』

太宰治の秘密が見える、出口汪の『「太宰」で鍛える日本語力』

『「大宰」で鍛える日本語力』:出口汪 現代文のカリスマ講師、出口汪の著書です。私が大学受験用の参考書を読むわけはなく、出口汪のことは知らな...

記事を読む

嬉しい『知日』の『太宰治』特集

嬉しい『知日』の『太宰治』特集

『知日 太宰治』は期待通りだった 今年の6月に田舎(秋田)に帰ったとき、ロカールニュースで、『知日』という雑誌を発行している中国の出版...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5 6 7 8