読書 一覧

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」 「サラダ記念日」は1987年に出版された。この年は私にとって転職という人生の大きな節目の年で、「サラダ記...

記事を読む

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」 太宰治の遺書「人間失格」 文学少女のガールフレンドが「読んだら」、と貸してくれたのが「人間失格」でした。太宰治の...

記事を読む

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」 他の作品とは異質な「青春純愛小説」 「潮騒」は「仮面の告白」、「金色」、「金閣寺」、「美徳のよろめき」、な...

記事を読む

霊魂は生き続ける、矢作直樹の「人は死なない」

霊魂は生き続ける、矢作直樹の「人は死なない」

「人は死なない」:矢作直樹 「生」を全うすることが大事、霊魂は生き続ける 著者の矢作直樹氏は東京大学大学院の医学部教授、同付属病院救...

記事を読む

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

「蹴りたい背中」:綿矢りさ 綿矢りさの小説を読むのは初めてです。19才の最年少芥川賞作家で、受賞作の「蹴りたい背中」がミリオンセラーで...

記事を読む

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」 玉川上水沿いを井の頭公園まで歩きながら 太宰治文学館へ行って見よう。三鷹駅からiPhoneの地図をたよりに5分...

記事を読む

宮崎輝の「蛍川」を読んで

宮崎輝の「蛍川」を読んで

「蛍川」:宮崎輝 泥の河」は大阪、「蛍川」は富山が舞台です。事実、宮本輝は少年の頃大阪から富山に転居しており、「蛍川」も川縁の食堂を引...

記事を読む

「泥の河」を読んで

「泥の河」を読んで

泥の河:宮本輝著を読んで 涼しくなったので、カメラを持って出かけることにした。本棚から電車で読み切れそうな薄い文庫本、宮本輝の「泥の河...

記事を読む

スポンサーリンク
1 5 6 7 8