読書 一覧

太宰治の「桜桃」を読んで

太宰治の「桜桃」を読んで

太宰治の「桜桃」 新山口から新幹線に乗った。東京まで4時間半、ゆっくり本が読めるはずだった。ちょっと眼を閉じたのに、何時間も夢境でつま...

記事を読む

生まれ変われる「二週間で効果がでるケトン食事法」

生まれ変われる「二週間で効果がでるケトン食事法」

「2週間で効果がでる!ケトン食事法」:白澤卓二著 ラーメンライス ! とんでもないことです 著者は白澤先生卓二(順天堂大学院、加齢制...

記事を読む

桜庭一樹の「私の男」を読んで

桜庭一樹の「私の男」を読んで

「私の男」:桜庭一樹 2007年の直木賞作品:タブーな近親相姦 「おとうさん、おとうさん、私の男」、タブーな近親相姦の話です。でも、...

記事を読む

田中愛子の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

田中愛子の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

田中愛子著の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで 今までは食べ物の本などには関心もなく、読んでみたいとも思いませんでした...

記事を読む

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」 良家のお嬢さんの恋愛、冒険小説です。 三島由紀夫の作品で「潮騒」だけが他の作品と異質な青春純愛と小説と...

記事を読む

すぐ風邪薬を飲んでいませんか?:野口晴哉の「風邪の効用」を読んで

すぐ風邪薬を飲んでいませんか?:野口晴哉の「風邪の効用」を読んで

風邪の効用: 野口晴哉 著者は社団法人整体協会の創始者の野口晴哉です。鍼灸師の友人から勧められました。 風邪をひくと、ひどくならないう...

記事を読む

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで 「金持ちイコール幸せではない」、「貧乏人イコール不幸ではない」と受け取り、貧乏人は貧乏を楽し...

記事を読む

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」を読んで

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」を読んで

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」 時々俳句を作ってみようと挑戦します。たった17文字、言葉を探しているうちに諦めてしまう。俳句脳になっ...

記事を読む

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」 「サラダ記念日」は1987年に出版された。この年は私にとって転職という人生の大きな節目の年で、「サラダ記...

記事を読む

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」 太宰治の遺書「人間失格」 文学少女のガールフレンドが「読んだら」、と貸してくれたのが「人間失格」でした。太宰治の...

記事を読む

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」 他の作品とは異質な「青春純愛小説」 「潮騒」は「仮面の告白」、「金色」、「金閣寺」、「美徳のよろめき」、な...

記事を読む

霊魂は生き続ける、矢作直樹の「人は死なない」

霊魂は生き続ける、矢作直樹の「人は死なない」

「人は死なない」:矢作直樹 「生」を全うすることが大事、霊魂は生き続ける 著者の矢作直樹氏は東京大学大学院の医学部教授、同付属病院救...

記事を読む

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

綿矢りさの「蹴りたい背中」を読んで

「蹴りたい背中」:綿矢りさ 綿矢りさの小説を読むのは初めてです。19才の最年少芥川賞作家で、受賞作の「蹴りたい背中」がミリオンセラーで...

記事を読む

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」を読んで

太宰治の「ヴィヨンの妻」 玉川上水沿いを井の頭公園まで歩きながら 太宰治文学館へ行って見よう。三鷹駅からiPhoneの地図をたよりに5分...

記事を読む

スポンサーリンク
1 5 6 7 8 9