ホテルの朝

ホテルの朝

ホテルの朝 朝、妻に起こされた。 「もったいないから朝食しよう」 ずっと長い間 朝のない生活をしていた。 ここは、朝が静かにゆっくりすす...

記事を読む

田中愛子の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

田中愛子の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで

田中愛子著の『免疫力を上げる 一生モノ「食べ物・食べ方」』を読んで 今までは食べ物の本などには関心もなく、読んでみたいとも思いませんでした...

記事を読む

夜の東京散歩:川の対岸はディズニーランド

夜の東京散歩:川の対岸はディズニーランド

川の対岸はディズニーランド 旧江戸川の河口、こちら側は葛西臨海公園、対岸は舞浜の東京ディズニーランドです。河口近くの広いスーパー堤防に座り...

記事を読む

朝食は青汁一杯だけですが。。。

朝食は青汁一杯だけですが。。。

朝食は青汁一杯 私はひとり暮らしを始めた学生の頃から朝食は食べなかった。夜型で朝食を準備して食べる時間がなかったのが本音です。この習慣は結...

記事を読む

夜の東京散歩:日比谷公園

夜の東京散歩:日比谷公園

夜の東京散歩:日比谷公園 銀座へ出たついでに日比谷公園に寄った。最後に日比谷公園、まして夜の日比谷公園に入ったのはいつだったろうか。写真は...

記事を読む

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」を読んで

三島由紀夫の「夏子の冒険」 良家のお嬢さんの恋愛、冒険小説です。 三島由紀夫の作品で「潮騒」だけが他の作品と異質な青春純愛と小説と...

記事を読む

夜の東京散歩:お台場

夜の東京散歩:お台場

夜のお台場はひとりが良い 東京の夜景を背景に、ベイブリッジ、屋形船と夜景が綺麗なスポットです。ひとりが良いわけありません。ひとりだと、夜景...

記事を読む

すぐ風邪薬を飲んでいませんか?:野口晴哉の「風邪の効用」を読んで

すぐ風邪薬を飲んでいませんか?:野口晴哉の「風邪の効用」を読んで

風邪の効用: 野口晴哉 著者は社団法人整体協会の創始者の野口晴哉です。鍼灸師の友人から勧められました。 風邪をひくと、ひどくならないう...

記事を読む

子供の詩を読んで

子供の詩を読んで

子供の詩を読んで 押し入れを整理していたら、ガリ版刷りの詩集があった。嫁いだ娘が小学生だった頃のクラスの詩集である。子どもの目線で、少ない...

記事を読む

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで

ひろさちやの『「貧乏」のすすめ』を読んで 「金持ちイコール幸せではない」、「貧乏人イコール不幸ではない」と受け取り、貧乏人は貧乏を楽し...

記事を読む

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」を読んで

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」を読んで

黛まどか、茂木健一郎の「俳句脳」 時々俳句を作ってみようと挑戦します。たった17文字、言葉を探しているうちに諦めてしまう。俳句脳になっ...

記事を読む

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」を読んで

俵万智の「サラダ記念日」 「サラダ記念日」は1987年に出版された。この年は私にとって転職という人生の大きな節目の年で、「サラダ記...

記事を読む

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」を読んで

太宰治の「人間失格」 太宰治の遺書「人間失格」 文学少女のガールフレンドが「読んだら」、と貸してくれたのが「人間失格」でした。太宰治の...

記事を読む

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」を読んで

三島由紀夫の「潮騒」 他の作品とは異質な「青春純愛小説」 「潮騒」は「仮面の告白」、「金色」、「金閣寺」、「美徳のよろめき」、な...

記事を読む

1 25 26 27 28 29