村上春樹 一覧

女のいない男になりたくなかったら、村上春樹の『女のいない男たち』を読もう

女のいない男になりたくなかったら、村上春樹の『女のいない男たち』を読もう

『女のいない男たち』:村上春樹 読み始めると、いつもながら村上春樹とは何者だ、と思ってしまう。村上春樹自身の体験でも、身近に起こっ...

記事を読む

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

力のはいった村上春樹の『走ることについて語るときに僕の語ること』

村上春樹の『走るこことについて語るときに僕の語ること』は、数年前に買ってからずっと本棚に眠っていました。私はジョッキングもしないので、内容に...

記事を読む

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

HEAR THE WIND SING: Haruki Murakami

舞浜のイクスピアリで映画を観たあとは、いつも地下の丸善に寄る。村上春樹の”HEAR THE WIND SING” (『風の歌を聴け』の英語翻...

記事を読む

村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を読んで

村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を読んで

本棚の隅にあった村上春樹と松村映三の『辺境・近境 写真編』を開いてみた。発行は平成12年(2000年)16年前である。写真が主体で、村上春樹...

記事を読む

村上春樹の『はじめての文学 村上春樹』、孫に読ませようと思って、自分がはまったしまった。

村上春樹の『はじめての文学 村上春樹』、孫に読ませようと思って、自分がはまったしまった。

『はじめての文学 村上春樹』:村上春樹 『はじめての文学 村上春樹』は、文藝春秋が、活字離れの中高生など青年に、文学に親しんでもらおう...

記事を読む

村上春樹と安西水丸の『象工場のハッピーエンド』

村上春樹と安西水丸の『象工場のハッピーエンド』

ときどき思い出したように、この薄い文庫本を本棚から抜き出して眺めている。1983年にCBS ・ソニー出版から刊行され、1986年に新潮文庫と...

記事を読む

アンアン連載の村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ3』

アンアン連載の村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ3』

『村上ラヂオ3』:村上春樹 大橋歩(画) 『村上ラヂオ3』を読んでいる。『アンアン』連載エッセイのシリーズ3冊目です。『アンアン』の女...

記事を読む

村上春樹の『職業としての小説家』

村上春樹の『職業としての小説家』

村上春樹の『職業としての小説家』 村上春樹は『職業としての小説家』として出版する前に、講演原稿を書くつもりで全体の文章を統一したと言ってい...

記事を読む

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ』、『村上ラヂオ2』

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ』、『村上ラヂオ2』

『村上ラヂオ』『村上ラヂオ2』:村上春樹 大橋渡(画) 私は特に『村上ラヂオ2』が好きで、孫が好きな漫画を繰り返し見ているように、何度...

記事を読む

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

ランゲルハンス島の午後:村上春樹、安西水丸 『ランゲルハンス島の午後』は、1984年6月の「CLASSY」の創刊から2年間、村上春樹と...

記事を読む

村上春樹の『風の歌を聴け』を読んで

村上春樹の『風の歌を聴け』を読んで

『風の歌を聴け』:村上春樹 村上春樹がアメリカのプリンストン滞在時代に書いたエッセイ集『やがて哀しき外国語』の「ロールキャベツを遠く離...

記事を読む

村上春樹の『やがて哀しき外国語』

村上春樹の『やがて哀しき外国語』

『やがて哀しき外国語』:村上春樹 1週間に1回、中国語のレッスンを受けている。このところ緊張感がないようだ。レッスンの帰りの電車で、数...

記事を読む

村上春樹、柴田元幸の「翻訳夜話」を読んで

村上春樹、柴田元幸の「翻訳夜話」を読んで

村上春樹、柴田元幸の「翻訳夜話」 文芸翻訳と聞くとぞっとします。直訳はできても、数パラグラフを読める翻訳するのに、何日も悩んでしまい...

記事を読む

スポンサーリンク