大人の英語勉強:太宰治の『美少女』を翻訳 2/3

太宰治の『美少女』を英語に翻訳

いつも原文を読んだとき、私の英語力では無理だろうと思ってしまう。そんなとき、主語と動詞と目的語のシンプルな日本語に置き換えて、なんとか英語に置き換える。

さて主人公の作家は、妻に誘われて甲府の大衆浴場に行った。浴場の広さは3坪ほどで、白いタイル貼りの清楚な感じである。油槽には5人、二組の家族がいた。1組は品のいい老夫婦。問題はこの老夫婦にあるのではなくて….

写真なんかよりもずっと情景が記憶に残る太宰治の文章です。

『美少女』原文

私と対角線を為す湯槽の隅に、三人ひしとかたまって、しゃがんでいる。七十くらいの老爺、からだが黒くかたまっていて、顔もくしゃくしゃ縮小して奇怪である。同じ年恰好の老婆、小さく瘦せていて胸が鎧扉のようにでこぼこしている。黄色い肌で、乳房がしぼんが茶袋を思わせて、あわれである。老夫婦とも、人間の感じでない。きょろきょろして、穴にこもった狸のようである。 あいだに、孫娘でもあろうか、じいさんばあさんに守護されているみたいに、ひっそりしゃがんでいる。そいつが、素晴 らしいのである。きたない貝殻に附着し,そのどすぐろい貝殻に守られている一粒の真珠である。私は、ものを横眼で見 ることのできぬたちなので、そのひとを、まっすぐに眺めた。十六、七であろうか。十八、になっているかも知れない。 全身が少し青く、けれども決して弱ってはいない。大柄の、ぴっちり張ったからだは、青い桃実を思わせた。



私の翻訳

In the furthest corner of the bath with me, three people are sitting very close together. An older man around seventy looks quite weird. His body is like a hardened black block and his face shrinks with deep wrinkles. An elderly woman also looks around seventy. She has a pitiful figure, small and thin. Her chest waves bumpy like a louver door. Her skin is dull in yellow and her breasts look like shrinking tea bags. They both don’t look like a human being. They are looking around restlessly like raccoons in a hole.

Between them, there is one girl. She must be their ground daughter. She is sitting quietly, as if she is guarded by her ground father and ground mother. She is a very splendid girl. She is just like a beautiful drop of pearl sticking to a dirty oyster. She seems to be protected by a blackened shell. I have a nature not to look sideways, so I look at her straight. She is perhaps sixteen or seventy, or just eighteen. Her whole body is a little blue but never looks weak. Her large and tight body looks like one green peach.

勉強のための翻訳です。間違いは大目に見てください。

TOEIC600点は”英語ができるグループ”、そしてもっと上を捕らえることができる。