夜の東京散歩:有楽町から日々谷

写真を撮るよりもカメラが好きです。でも、もうカメラを買うのは止めよう、モデルチェンジがはやいデジタルカメラを買い換えていたらきりがない、と決意しました。そう言いながら、夕方有楽町のビッグカメラに寄って、ニューモデルを確かめたりしている。気になったカメラのカタログを持って喫茶店に入り、念入りに仕様を確認してサンプル写真を見ている。すごく楽しい時間です。しかし危険信号の兆候です。冷たい夜の空気で頭を冷やしましょう。

有楽町駅前の再開発で変わってないのが東京交通会館です。

この果物屋も変わっていない。

日々谷の銀座側から日々谷側に抜けるガード下です。ここは昭和です。「丹下左膳」の映画のポスターが残っている。昔はおやじだけだったのに、いまは若い女性に席を占領されている。”おやじの行っていた店は安くて、美味しい”と気がついたようだ。

なぜか日々谷側のガード下に、古びたレンガから飛び出たドイツレストランが二軒並んでいる。ドイツ料理といえば、ソーセージ以外はこれといって美味しいものはないと思うが、ビールは旨い。ここでヴァイスビアも飲める。値段? 高くない。銀座側ではなく日々谷側のガード下ですよ。

ちょっと日々谷公園に寄ってみましょう。

ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください