小説 一覧

本屋大賞、『羊と鋼の森』を読んで

本屋大賞、『羊と鋼の森』を読んで

『羊と鋼の森』:宮下奈都 これと言って才能もない青年が調律師に魅せられ、調律師を目指し、成長していく情景を描いた小説です。小説のなかで調...

記事を読む

アンアン連載の村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ3』

アンアン連載の村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ3』

『村上ラヂオ3』:村上春樹 大橋歩(画) 『村上ラヂオ3』を読んでいる。『アンアン』連載エッセイのシリーズ3冊目です。『アンアン』の女...

記事を読む

梶井基次郎の『桜の樹の下には』を読んで

梶井基次郎の『桜の樹の下には』を読んで

『桜の樹の下には』:梶井基次郎 いま桜は満開です。 私の子供の頃の記憶である。山道に一本の太い山桜の樹があった。満開になったその樹の下を...

記事を読む

北鎌倉建長寺と三島由紀夫の『海と夕焼け』

北鎌倉建長寺と三島由紀夫の『海と夕焼け』

『海と夕焼け』:三島由紀夫 東慶寺の梅を見た後、建長寺に寄った。この日は寒く境内は人もまばらだ。裏山の半蔵坊まで登ってみようか。長い石...

記事を読む

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んで

羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んで

スクラップ・アンド・ビルド:羽田圭介 羽田圭介の『スクラップ・アンド・ビルド』を読んでみた。同芥川賞の又吉直樹の『火花』は、私には始めリズ...

記事を読む

北鎌倉散歩:円覚寺と川端康成の『千羽鶴』

北鎌倉散歩:円覚寺と川端康成の『千羽鶴』

円覚寺と川端康成の『千羽鶴』 三連休の中日、今年初めての北鎌倉、そして円覚寺が初詣になりました。今頃は雪の成人式もあったのに、今日は常にな...

記事を読む

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

村上春樹のエッセイ『ランゲルハンス島の午後』

ランゲルハンス島の午後:村上春樹、安西水丸 『ランゲルハンス島の午後』は、1984年6月の「CLASSY」の創刊から2年間、村上春樹と...

記事を読む

佐藤浩市と本田翼主演の映画『起終点駅ターミナル』を観て

佐藤浩市と本田翼主演の映画『起終点駅ターミナル』を観て

原作は桜木紫乃の『起終点駅ターミナル』 良い映画でした。 昔懐かしく、寂寞とした釧路の風景を背景に、行き場を絶った老弁護士と行き場を見失...

記事を読む

ニヤッとするピュアな太宰治の『美少女』

ニヤッとするピュアな太宰治の『美少女』

太宰治の『美少女』 昭和14年当時、『富嶽百景』の中に書かれていますが、太宰治は井伏鱒二夫妻の媒酌で甲府の石原美知子結婚して、甲府に住...

記事を読む

村上春樹の『風の歌を聴け』を読んで

村上春樹の『風の歌を聴け』を読んで

『風の歌を聴け』:村上春樹 村上春樹がアメリカのプリンストン滞在時代に書いたエッセイ集『やがて哀しき外国語』の「ロールキャベツを遠く離...

記事を読む

向井湘吾の『お任せ! 数学屋さん』を読んで

向井湘吾の『お任せ! 数学屋さん』を読んで

向井湘吾の『お任せ! 数学屋さん』を読んで 『お任せ! 数学屋さん』: 向井湘吾 かしこくなれる青春数学小説 日本橋丸善で買った文庫本...

記事を読む

太宰治の『新樹の言葉』を読んで

太宰治の『新樹の言葉』を読んで

『新樹の言葉』:太宰治 太宰治の短編小説です。1939年の作品で、甲府が舞台になっています。この頃に書かれた小説は、富嶽百景など、穏やかで...

記事を読む

又吉直樹の『火花』を読んで

又吉直樹の『火花』を読んで

『火花』:又吉直樹 三度読みました。私には難しい小説でした。世に人気の漫才師像から、大きく右に偏き過ぎた漫才師と、左に寄り過ぎたま...

記事を読む

綿矢りさの『夢を与える』を読んで

綿矢りさの『夢を与える』を読んで

『夢を与える』:綿矢りさ 2001年高校生のときに書いた『インストール』は強烈なデビューでした。2004年19歳の最年少で『蹴りたい背...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5