大人の英作勉強:太宰治の『桜桃』

頭を強制的にリセットするには、翻訳勉強が一番です。

大人の英作勉強:太宰治の『桜桃』

太宰治の【桜桃】、梶井基次郎の【檸檬】そして芥川龍之介の【蜜柑】は短い小説で、何度も読み返している。

【桜桃】は、作家太宰が実名で登場する小説で、遺書と言われている。もし遺書の意図はなかったとしても、遺書的な小説です。
いつも読み終えたとき、5分間入り込んでいた我に気づきます。最後は大皿に盛られた桜桃、そして桜桃の蔓を糸でつないだ珊瑚の首飾り、作家ですね。

”何を隠そう夫婦喧嘩の小説です”と言っているが、子供の将来を按じている。

桜桃の最後のパラグラフ

子供より親が大事、と思いたい。子供よりも、その親のほうが弱いのだ。


桜桃が出た。


私の家では、子供たちに、ぜいたくなものを食べさせない。子供たちは桜桃など、見た事もないかもしれない。食べさせたら、よろこぶだろう。父が持って帰ったら、よろこぶだろう。蔓をつないで、首にかけると、桜桃は、珊瑚の首飾りのように見えるだろう。
しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、極めてまずそうに食べては種を吐き、食べては種を吐き、食べては種を吐き、そして心の中で虚勢みたいに呟く言葉は、子供よりも親が大事。

翻訳ライフをサポートする翻訳者ネットワーク「アメリア」
★MANGA翻訳コンテストのお試し会員登録で入会金0円!(1月30日まで)

私の翻訳(勉強のための翻訳です)

I want to believe that parents must be more important than their children. Parents are weaker than their children.

Cherries are served.

In my home, we never provide expensive food to the children, so they may have not seen cherries. If I bring these cherries back home, they will be glad, very glad to eat. Connecting each of cherries’ vines with a round string and putting them around their necks, cherries may look like a coral neckless.
However, the father tastelessly eats cherries served in a big dish and spits out seeds. He repeats eating and spitting and murmurs a bluff word in his heart. “Parents are more important than children.”

ブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする