大人の英語勉強:太宰治の『作家の手帖』

太宰治の『作家の手帖』で英作勉強

英作の勉強と思って英文日記を始めたことある。続かなかった。英作できる楽な
方向にかたより、日記にも英語の勉強にもならなかった。ニュース、コラム、小説、エッセイなどを題材にした方が良い。

太宰治の『作家の手帖』は10分もあれば読めます。三鷹の町、七夕飾りのある町を歩きながら、一年に一度決まった日に逢うことが小説にならないか、いっそ自分で実践しようか、と空想を巡らす。そして話は別の方向に….. 小説というよりエッセイでしょうか。

原文の冒頭

ことしの七夕は、 例年になく心にしみた。 七夕は女の子のお祭である。 女の子が、 織機の わざをはじめ、お針など、すべて手芸に巧みになるように織女星にお祈りをする宵である。
支那に於いては棹の端に五色の糸をかけてお祭りをするのだそうであるが、 日本では、藪から 切って来たばかりの青い葉のついた竹に五色の紙を吊り下げて、 それを門口に立てるのである。
竹の小枝に結びつけられてある色紙には、 女の子の秘めた お祈りの言葉が、 たどたどしい 文字で書きしたためられていることもある。



私の翻訳

I was unusually touched by this year’s Tanabata. Tanabata is the festival for girls. It is the evening for girls to pray that they can become more skilled at handicrafts, such as weaving and sewing.
In China they celebrate Tanabata decorating the end of one pole with 5 colored threads, I heard, but in Japan we hang 5 colored strips of papers on a blue leaved bamboo which we have just cut down in near bush, then put it in front of a house.
On some colored papers, words of girls’ hidden wishes are occasionally written in halting Japanese.

勉強のための英作です。間違いはごめんなさい。



ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA