大人の英作文:井上靖の『井上靖全詩集』の『記憶』

教材は井上靖の『井上靖全詩集』の『記憶』

コロナ禍の自粛生活で時間があったはずなのに、しばらく英語を書いていない。このままでは書けなくなってしまいそうです。井上靖の詩を教材にして翻訳で英語の勉強を再開しました。翻訳は始めるとはまってしまいます。

詩は難しい。完全に理解することはできません。それでも英語に置き換えるために何度も読み返していると、井上靖の記憶の一片がイメージできたような気がします。英語にするのは難しい。5時間もかかりました。勉強のための翻訳です。間違いは大目に見て下さい。

『記憶』の原文引用

そこはどこか駅の近くらしく、時折、機関車の蒸気の音が間近に聞えていた。木柵が長く続き、電柱には暗い電燈が灯っていた。人足は跡絶えていたが、跡絶えているというより人々はこの路地のあることをもう長いこと忘れているのかも知れなかった。
そんな道ばたにしゃがんで、私はともすれば睡魔にたぐりよせられそうになっては、はっとして眼を見開いた。その度に夜空いちめんに鏤められた星が冷たく美しかった。坊や睡ってはだめ、大きな包を持っている母は日頃のやさしさに似ず邪慳にそんな言葉しか投げなかった。軈てどこからともなく父が現れた。坊や睡ってはだめ、母と同じことをいって私の頭をこづき、それから思い直したように抱き上げてまた地面へおろすと、父はさきに立って歩き出した。
――それから私たちは家に帰ったのか、汽車に乗ったのか、何をしたのか一切は記憶にない。ただ知っていることは、その夜が父母の生涯で、最も深い悲しみがふたりの心を埋めていた時の一つであったろうということである。年々歳々、なぜか父母のその夜の不幸を星の冷たい輝きで計量する私の確信は動かすべからざるものになってくる。

井上靖全詩集』(新潮文庫)

私の翻訳勉強

It might be somewhere near the station. Occasionally I could hear the sound of the steam of the locomotive near. The wooden fence stretched far into the distance and the utility pole was lit with a dim bulb. There was no sign of human, or rather people might have forgotten this alley for a long time.

Squatting down on the side of a narrow street, I was nearly apt to be hauled by drowsiness once and again, then suddenly I opened my eyes wide. Each time in my eyes, stars carved on the night sky were cold and beautiful. My mother had a big baggage and said mercilessly “My boy, don’t sleep.” She was not her usual gentle mother. Soon or later my father appeared from nowhere. He said the same thing with her, “My boy, don’t sleep” and poked my head lightly. He picked up me in his arms as if something came to mind and put me down on the earth, then began to walk ahead of us.

—after that, did we come back home or get on a train? I cannot remember anything that we did. Only what I know is that night might be one of the most terrible time for my parent’s life. Their hearts were filled with the deepest sorrow. From year to year, my conviction, that somehow I measure parent’s unhappiness comparing with shining cold stars, became firm.

翻訳の仕事獲得・スキルアップ・情報収集なら「アメリア」★「春の入会金0円キャンペーン」でどなたでも入会金0円。3月末まで
ブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする