大人の英作勉強:芥川龍之介の『蜜柑』

大人の英作勉強:芥川龍之介の『蜜柑』

芥川龍之介の『蜜柑』、梶井基次郎の『檸檬』そして太宰治の『桜桃』、どの小説も憂鬱なモノクロームの風景に、色鮮やかな果物が浮かびあがってくる。『蜜柑』の舞台は横須賀駅発の上り列車がトンネルを出て、ある町外れの踏切を通りすぎるまで、ゆっくり読んでも10分とかからない短編小説です。

横須賀線で横須賀まで行ったのは遠い昔でトンネルがあったかどうかも記憶にない。横須賀線で横須賀まで行くことがあったらトンネルと、その前後の風景を見てみたい。

原文の冒頭

或 曇っ た冬の日暮である。 私は横須賀発上り二等客車の隅に腰を下して、 ぼんやり発車の笛を待っていた。 とうに電 燈のついた客車の中には、 珍らしく私の外に一人も乗客 はい なかった。外を覗くと、 うす暗いプラットフォオムにも、 今日は珍しく 見送りの人影さえ跡を絶って、 唯、 檻に入れられた小犬が一匹、時々 悲しそうに、 吠え立てていた。これらはその時の私の心もちと、 不思議な 似つかわしい景色だった。
私の頭の中には云いようのない疲労と倦怠とが、 まるで雪曇りの空のようなどんよりした影を落していた。 私は外套のポッケットへじっ 両手をつっこんだまま、 そこにはいっている夕刊を出して見よう元気さえ起らなかった。



 私の翻訳

It was one cloudy evening in winter. I sat at one corner seat of the second-class coach from Yokosuka and aimlessly waiting for the starting bell. The coach was now lightened, where there was unusually no one without me. Looking outside through a train window, the platform was unusually almost deserted. Only one puppy put in the cage occasionally barked sorrowfully. These scenes were strangely like my having the feeling that time.
In my brain, unspeakable weariness and fatigue like snow clouds cast a dark shadow. I had been putting with my both hands into my overcoat pockets. I didn’t have any energy to read an evening newspaper taking from my pocket.



ブログ村
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください